http://www.city.takatsuki.osaka.jp/kinkyusaigai/1529745658102.html

高槻市では、明日から、一部損壊(瓦のずれ、落下、壁の一部にひび割れなど、建物全体の20%以下の軽微な損害が該当)では、写真で罹災証明書の即時発行可能になります。

郵送でも申請できます。

他の自治体も追随していくことになると思います。

(熊本地震など過去の自然災害でも同様な対応はなされています)

「一部損壊」というとどうせ全壊や半壊と違い支援がないと思われがちですが、自治体独自の「支援金」や「義援金」の配分が過去多くのケースでなされています。

今後に備えぜひ取得しておいてください。

また、お子さんが通っている学校により、一部損壊で入学金や授業料を免除とする場合があります。

こちらも今後の情報を継続的にチェックしていきましょう。

被災エリアが小さいほど、かえって、支援制度を実施する主体にとっての財政的負担が少ないために、充実した支援制度が決定される場合があるということを知ってください。