静岡市清水区で活動する弁護士 [ 永野 海 ] の公式ホームページ

ご挨拶

ご訪問いただいた皆様へ(自己紹介に代えて)

 

大学時代の専攻は経済学でした

私は、大学時代は、法律学ではなく、計量経済学を専攻していました。

エコノミストの竹中平蔵先生の経済学の授業(ミクロ経済学でした)を受講し、「学問というのは、こんなにも面白いものなのか!」と衝撃を受けたのがきっかけで、気が付けば、大学2年の時に、竹中平蔵ゼミの門を叩いていました。

計量経済学というと、耳慣れない方も多いと思いますが、私が取り組んでいたことは、様々な数式で表現される経済モデル(理論や仮説)に、実際の統計データをあてはめて、本当にその経済モデルが社会経済を説明できているのかどうかを確認する(実証分析)というものでした。

説明力の高いモデルであることがわかれば、様々な定量的な分析が可能になります。たとえば、政府は1兆円の減税をしようとしているけれども、実際にいま減税をするとGDPにどれだけの影響を及ぼすのか、などなど。

計量経済学の専用ソフトを用いて分析するのですが、実際にパソコンの画面に「答え」(それが真実かどうかはともかく)が明確に映し出されることがとても刺激的で、論文や発表の締め切り前は、キャンパスに泊まり込んで分析作業に耽っていました。

結果、大学2年時、3年時と連続で、日本興業銀行河上記念財団(現・みずほ学術振興財団)の論文コンクールでの受賞につながりました。学内では、竹中平蔵賞という名誉な賞もいただきました。

法律家への転換

しかし、その後自分がどのような人生を歩むのか、何を仕事として社会に貢献することが自分に向いているのかを考えたときに、私は、経済や金融という道ではなく、法律家となり、法を通じて人に尽くし、社会に尽くすことを選びました。そのため、少し遠回りにはなりましたが、現在、弁護士という道を歩んでいます。

私は、人と接することが好きですし、会話や書面を通じて人を説得すること、人と心を通じ合わせること、論理的、また論旨明快に表現するよう努めること、常に諦めず知恵を絞ること、日々研鑽を積むこと、などなど、弁護士の仕事では不可欠となる様々な要素が、総じて、自分には合っていると感じています。自分の選んだ道は間違っていなかったのではないかと、今のところは考えています。
そして、もちろん経済学や分析、研究を通じて学んだものは、その全てがいまの私の思考、分析を支える武器になっています。

竹中平蔵先生の教え

竹中先生が当時おっしゃっていた言葉は、いまでもよく脳裏に浮かびます。

Fast eat slow. Winner take all. ある市場にいち早く登場した者が市場を席捲するという言葉。当時、早い者が勝つ経済、と言われましたが、当時も今も、法律家を含め全ての職業で重要な概念です。一人勝ちは不要ですが、常に新しいフロンティアを意識していたいです。

また、Warm Heart & Cool Head! これも竹中先生が繰り返し使われていた言葉です。弁護士として依頼者の力になるには、温かな心と、明晰な頭脳、どちらが欠けてもいけません。まさに弁護士にぴったりな言葉です。

竹中先生の教えでもう1つ忘れられないのは、「会議にでた以上、最低1度は発言することが出席者の責務である」というもの。会議、あるいは発表の場にでた以上、常にプロフェッショナルとして振る舞いなさい、学生という甘えは無用、というのが一貫した教えでした。しかし、竹中先生は、同時に、新人やその会議のテーマに習熟してない人には、「一番最初に発言or質問するのが楽ですよ」というアドバイスも忘れませんでした。

私も、弁護士として様々な会議に出席するようになりましたが、日本では、(座長から振られたときですら)一度も発言しないまま会議を終える人は珍しくありませんね。生き生きとした会議からこそ素晴らしいアウトプットがでてくると思います。これは、今でも大事にしています。

弁護士として大切にしていること

さて、現在、私が弁護士として最も大切にしていることは、とにかく、自分を頼ってくれた目の前の依頼者のために全力を尽くすことです。常に多数の事件を同時並行で抱えている弁護士にとり、1つ1つの事件にどう取り組むか、取り組めるかは永遠のテーマです。しかし、私は、どれほど忙しくとも、自分が納得できないような書面を作成したことはありません。性格的な影響もありますが、目の前の1つ1つの事件への対応が、この仕事に問われる全てだと思うからです。

また、現在では、縁があり、大規模災害時に少しでも市民の安心安全につながるような制度を構築すること、また現に存在する被災者を支援する活動が、私の極めて重要なライフワークの1つになっています。

震災が発生した年の5月に、福島第一原発から30km圏内にある南相馬市の避難所での支援活動を開始しました。原発事故直後で20km圏内が立入禁止区域になっていた当時、放射能への恐怖を強く感じながらの避難所めぐりでした。高性能の業務用のマスクを持って福島に入りましたが、福島の人たちを前にしてマスクを着けることはできませんでした。

しかし、そこでの活動のなかで、被災されたおじいちゃんやおばあちゃんから心からの感謝の言葉をもらったときに、うれしくて胸が震えました。ひょっとすると、そのときがはじめて「弁護士になってよかった」と心から思えた瞬間だったかも知れません。

弁護士は生活していくための仕事です。しかし、同時に、微力な私が社会に貢献できるかけがえのない職業でもあります。平成23年5月以後、災害問題や被災者支援の問題が私のライフワークになりました。

今後も生涯をかけて取り組んでいきたいと思います。
そして、どちらも、Warm Heart & Cool Headを忘れずに。

最後に

以上、長々と書きましたが、こうしたことは自分のホームページでも持たない限り、なかなか書く機会も場所もありませんので、今回のホームページ立ち上げに際し書かせていただきました。

今後も、弁護士という職業、仕事を通じて、一人一人の依頼者のため、また微力ながら社会のためにお手伝いをさせていただきたいと強く考えておりますので、皆様、何卒よろしくお願い申し上げます。

最後に、私などにはもったいないこのような立派なホームページを、忙しい中で作ってくれた友人小方賢治氏には、感謝の気持ちでいっぱいです。

 

静岡市清水区 中央法律事務所

平成28年2月 弁護士 永野 海

お気軽にお問い合わせください TEL 054-366-2203 9:00~18:00

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

弁護士 永野 海

Twitter

法律事務所の概要

中央法律事務所
PAGETOP
Copyright © Kai Nagano All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.