伊豆大島に来たら、ぜひ「砂漠」に足を運びましょう。

車でいくなら、この「月と砂漠ライン」から。

 

観光名所の道路にしては、(途中すれ違いスペースは何か所か用意されているものの)行き違いができない道が続きます。

覚悟しましょう。

 

車でいけるところまでいったら、あとは徒歩です。

 

 

砂漠なんてどこに?と思いながら細い道を進みます。

 

少し視界が開けてきました。

 

目の前に海が。

澄み切った空に真っ黒な大地のコントラストが見事です。

 

この黒い大地は、スコリアの黒。

 

 

 

ここは、1952年に三原山に激突し、乗員乗客37名が犠牲となったもく星号の墜落場所でもあります。

羽田発、大阪経由福岡行の日本航空の飛行機でしたが、米国の占領下だったため操縦していたのはアメリカ人でした。

 

左手に三原山の内輪山がみえてきました。

このあたりにくると遮るものがない場所で、ものすごい強風です。

 

第1展望台、ここまでは余裕です。

 

ここは、実は、国土地理院の地図上、日本で唯一、「砂漠」と記載されている場所なのです。

 

この日は20mを超えるようなその場にとどまっているのも難しいような強風。

油断すると転げ落ちそうでした。

 

あまりに風が強すぎて植物がとどまることが難しいし、またスコリアの層ですから水が下へ下へと浸透してしまいます。

それで砂漠状になっているんですね。

 

第2展望台に到着。

三原山の中では、ここは外輪山の位置づけです。

 

これがこの山のピーク、櫛形山標高670mです。

風がすごすぎて長くはとどまっていられません。

 

これが伊豆大島の通称、裏砂漠、の景色です。

 

三原山からの噴石も多数転がっていました。

 

櫛形山からの三原山。

ここからは噴火口はみえません。

ここは外輪山なので、三原山までの部分はカルデラの位置づけです。

 

さて、30分程度のトレッキングのつもりできたら、思わぬ暴風と寒さなので、身体が動かなくなるまえに下山しましょう。

 

平成31年4月

弁護士 永野 海