御前崎災害支援ネットワークさんのご協力で,津波防災に特化した講演会を開催します。

詳細はチラシをご覧ください。

これまでも津波防災に関する講演はさせていただいていますが,対象となる全ての被災場所をこの足で歩き,わたしなりに検証,検討をしてきました。

またこれらの津波被害のご遺族や関係者からも直接お話をお伺いすることができました。その一部は講演会当日,動画としてもご覧いただく予定です。

津波というと,「我が家は海岸沿いの場所にはないから大丈夫」などと思われる人がいるかも知れませんが,地震,津波を含む災害は,いつどこで起きるかわかりません。

現に私も,阪神淡路大震災を大阪で経験したとき,夜も明けぬ午前5時46分という時間だったにもかかわらず,私は自宅から1km以上離れた電車の駅構内にいました。

そんな時間に駅にいたのは人生はじめてでしたが,そのときにあの大地震は起きたのです。

災害とはそういうものです。

生活のなかで,人生の中で,津波が予測される場所にいくことは決して珍しいことではありません。津波が河川を遡上することを考えれば尚更です。

決して津波被害を遠くで起きていることと考えず,自分のこととしてとらえ,判断を誤り,準備を怠ったときには,もう命は返ってこないということを強く意識し,この講演に耳を傾けていただければと思います。

参加自由,参加無料ですので,ぜひご家族で,お子さんを連れてご参加ください。

 

静岡市清水区 弁護士 永野 海