糸魚川静岡構造線の断層が走る小谷村から(白馬村の地震を思い出しますね),深夜から続く静岡,関東の地震を気味悪く眺めております。

素人がにわか知識,学者気取りででコメントするのもあれですが・・・,フィリピン海プレートは,伊豆半島の東にある相模トラフから関東地方がのる陸のプレート(北米プレートという学者も,ここもユーラシアプレートだという学者もいます)の下に潜り込んでいます。

フィリピン海プレートは,富士山より西側は南海トラフも駿河トラフも北西方向に潜り込んでいるのに,富士山より東側は北東方向?に潜り込んでいるという,このあたりはかなり複雑な動きをしています。さらに,関東地方の浅いところに潜り込んでいるフィリピン海プレート(東京あたりで地下20kmとかそのあたりだと思います。千葉で30kmぐらい?)のさらに下には,1億歳以上の年齢の仙人のような太平洋プレートがさらに沈み込んでいます。

東京の下には,2枚の海洋プレートが沈みこんでいます。

今回の2つ,3つの地震をみると,フィリピン海プレートの相模トラフからの潜り込みのあたりが動いているのではないか,という不安が(素人なので)湧いてきます。

この潜り込みによる地震はいわゆる関東大震災を引き起こした関東地震です。


周期は最近の例だけからみると,200年に1回ぐらいのようなので,普通に考えればあと数十年は動かないというのが普通の考えなのでしょうが,なにせ東北地方太平洋沖地震によって大きく太平洋プレート(関東の2段になっている下のプレート)が大きく動いたあとですので,何が起こっても不思議ではないような気もします。

神奈川や東京の皆さんは,くれぐれもご用心ください。
(最低限やれるような災害時備蓄もないようであればぜひこの機会に購入されてください。防災ラジオ,災害用トイレ,非常食,水など。

*ちなみに,相模湾で地震が起これば藤沢だって鎌倉だって大きな津波に襲われてしまいますのでその点も改めて知っておいて下さい。

弁護士 永野 海