1

 

昨日、御前崎災害支援ネットワークさんでの第5回目の勉強会を無事に終えました。

これは、全5回の勉強会プログラムでしたので、これで終了になります。

第1回目は、主に弁護士会が行っている被災者支援活動のご紹介。

第2回目は、原発賠償問題。何が、どのように補償されるのか、されないのか。

第3回目は、司法書士の増田真也先生をお招きしての特別講義。

第4回目は、熊本地震にみる災害関連法の適用とその意義。

第5回目は、災害時に多く寄せられる法律問題の解説でした。

昨日は少し欲張りすぎ、79枚の資料、私の無駄な余談、雑談が多いため(苦笑)、1時間半の持ち時間を少しオーバーしても最後は一部割愛になりました。反省。

終わってみると、どの回も感慨深く、私なりに手を抜かず一生懸命準備をさせてもらったつもりです。

毎回申し上げることですが、こういう講義の機会というのは、正面からテーマと向き合い、考え、準備をさせてもらえるこれ以上ない機会です。

なかなか、これだけの時間を講義、講演でいただけることはなく、本当にありがたかったです。

御前崎災害支援ネットワークの皆様、代表の落合さん、司法書士の増田先生、いつも聴講してくださった皆様、本当にありがとうございました。心から感謝申し上げます。

昨日などは、伊豆の国市から御前崎までいらしていただいた聴講者の方までいらっしゃいました。感謝に耐えません。

御前崎災害支援ネットワークさんからは、光栄にも、ボランティア顧問弁護士の肩書も与えていただいたようですので(笑)、限られた人数と予算にもかかわらず、熱いハートと稀なる行動力で、全国の被災地支援、地域の防災・減災活動に取り組んでおられるこの素晴らしい団体の活動を今後も少しでもお手伝いできればと考えています。(お邪魔でなければ)

 

静岡市清水区 中央法律事務所

弁護士 永野 海