連日、災害関係の仕事が続いていますが、昨日は、県の大規模災害発生時の相談体制などを議論する研究会に、委員として参加してきました。

弁護士会は3年前から、いくつかの市町との災害連携を推進していますが、「県」にしかできないことがいくつもあります。

・県が持つ絶大なる広報の力の活用

群馬県弁護士会は県と災害協定を締結したことで、たとえば弁護士会が市町などで被災者支援の法律相談をする場合に、県が新聞発表などで広報する体制が整えられています。

・県民全てを対象にできる

市町での相談はあくまで当該市町の住民になってしまいますが、県が主催する相談は県民だれもが利用できます。

・ワンストップ相談会の開催

そこにいけば県の職員、各種士業、その他専門家が集まっていて、たいがいの問題がその場で解決できるというワンストップの相談会のような、大きなイベントは県が得意とするところだと思います。

微力ながら、どのように県が動いてくれれば被災者の効果的な支援につながるのか、継続的に提言していきたいと思います。

弁護士会ニュースの市町への配布にも、本当は県の力を借りたいところです。