本日、静岡県弁護士会は、富士宮市との間で、大規模災害発生時の弁護士の被災者支援活動に関する協定を締結しました。

市町との災害協定の締結は、沼津市、静岡市、浜松市、磐田市、藤枝市について6番目になります。

今回の協定では、これまでの協定書の内容から深化させ、

 

・法律相談中心の表現から、広く、被災者支援活動という表現への変更

・弁護士会ニュース活用による被災者への支援情報等の提供活動について明記

・自治体側も広報などでご協力いただくこと

 

などを新たに盛り込みました。

 

今後は、富士宮市版の弁護士会ニュースを作成することで、発災時に富士宮市民に役立つ情報の整備を進めたいと思います。

 

ご理解とご協力、そして大変な熱意をもって今回の協定締結にご尽力いただいた富士宮市の職員の皆様に心より感謝申し上げます。

富士宮市協定静岡新聞記事 28.5.25

 

静岡市清水区 中央法律事務所

弁護士 永野 海