静岡市清水区で活動する弁護士 [ 永野 海 ] の防災と支援情報と地学の旅のホームページ
ブログ

災害問題

復興まちづくり・防潮堤問題を東北から学ぶ旅(神戸)

南海トラフ地震が起こったときに、自分が微力でも復興まちづくりにおいて、被災者の皆さんに寄り添い、お手伝いができるように、昨年末の東北被災地歩きの続きとして、神戸にいってきました。 全国被災地交流集会「円卓会議」 東日本大 …

被災を知る漫画「ナガサレールイエタテール」

漫画家ニコ・ニコルソンさんによる漫画。 作者の実家は、宮城県の山元町にあるのですが、東日本大震災による津波で、実家が被災しました。 辛うじて流出までは免れたものの、1階が1メートルもの津波の汚泥に満たされ居住不可能に。 …

津波災害からの復興(3)

引き続き津波災害からの復興について考えます。 なお、写真は全て2018年12月の陸前高田の復興状況に関するものですが、本文とは直接の関係はありません。   復興について語るのは、ある意味ではとても難しいことです …

津波災害からの復興(2)

津波災害からの復興(2)です。 ここでは防潮堤について。 □ 私は、ごく個人的な考え方として、なるべく自然と共生した生き方をしたいと思っています。 地球のこれまでの歴史(地球科学)やその痕跡(地学)を学べば学ぶほど、人間 …

津波災害からの復興(1)

何回かに分けて津波災害からの復興について考えます。 □ 私が今年復興状況を目にした場所の中で象徴的な例でいえば、 ・女川は復興のトップランナーと呼ばれます(疑義を唱える地元の声があることはひとまず置きます) ・陸前高田は …

ふたりのせかいりょこう/佐藤美香さん

石巻市の日和(ひより)幼稚園の津波被災事件のご遺族佐藤美香さんが書かれた愛梨ちゃん、珠莉ちゃん二人の姉妹の物語です。 私立の日和幼稚園は日和山という高台に立地しており、本来、石巻市を襲った巨大な津波からも、もっとも安全な …

西日本豪雨災害のボランティア活動から学ぶ ~行政とボランティアの連携を考える~

以下の研修会に参加しましたので、当日の登壇者の皆さんのお話をまとめます。 速記録ですので誤植や理解の誤りは何卒ご容赦下さい。 非常に示唆に富んだ報告会で大変勉強になりました。 ◇ 「南海トラフ巨大地震等に備えた災害ボラン …

1000年後の子どもたちを自然災害から守るということ

なぜ静岡で防災講演をするのか。 なぜ東北被災地に学びにいくのか。 ー絶対に失いたくない子どもの命を、あの時ああしていれば、と後悔して失いたくないからです ―そうした思いを誰にもしてもらいたくないからです ◇ あの日の津波 …

埼玉弁護士会での災害対策研修講師

11月22日は、埼玉弁護士会で研修講師を務めさせていただきました。   前半は、静岡県弁護士会の災害対策を例として、弁護士会による日頃の被災者支援のための災害対策活動について。 後半は、災害発生初期の弁護士によ …

女川いのちの石碑

改めて、震災当時小学生だった子どもたちが作った「女川いのちの石碑」全文を以下引用します。 来月また女川にいけそうですので、いくつ石碑に挨拶ができるか、と。 30年に一度の地震の防災より100年に一度の地震の防災(継承)は …

1 2 3 15 »
PAGETOP
Copyright © Kai Nagano All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.